O-method

1日33語。9週間半で2202語覚える。 大学受験単語王2202

『単語王2202』難関大合格体験記

池田 洋平 君
池田 洋平 君
(静岡県立富士高校卒)

東北大学・経済学部/慶應義塾大学・経済、商学部/中央大学・法、商学部 現役合格

体験記を読む閉じる

▼辞書として使用した『単語王』には、自分なりに色々な書き込みをして、世界に一つだけのオリジナルの辞書をつくりました。

私が『単語王』を始めたのは二年生の終わりくらいからでした。きっかけは大したものではなく、ただ多くの単語が載っている単語帳を探していたら『単語王』に行き着いたのです。しかし、『単語王』を買ったはいいが、一つの単語に固執してしまうことが多く、一周終わらせるのにかなり時間がかかったのを覚えています。そこで私は、フラッシュカードを買い、単語はそれで覚え、『単語王』は辞書の代わりとして使いました。フラッシュカードの優れたところは、携帯に便利でどこでも手軽にできるところです。私は行き帰りの電車や授業の合間にやっていました。単語帳と違い、分からないものだけを選ぶことができるのもフラッシュカードの利点です。辞書として使用した『単語王』には、自分なりに色々な書き込みをして、世界に一つだけのオリジナルの辞書をつくりました。
また、『単語王』の最も優れたところは多義語や派生語にあると思います。これほどまでに内容の充実した単語帳は他にはありません。私の学校では、別の単語帳を使っていたのですが、やはり『単語王』と比べると内容が薄い気がします。

▼『単語王』を進めるにあたって大切なのは、忘れても良いからどんどん進めること。

『単語王』を進めるにあたって大切なのは、忘れても良いからどんどん進めることだと思います。私は先ほど述べたように、一つの単語に固執してしまい時間を無駄にしてしまいました。二~三周やっただけでは2202語全てを覚えることはできません。じっくりと時間をかけて一周するよりも、意味を一つ覚えたら次、といったふうに何周もやる方が結果として身につくものです。私は12月までに四周、1月から入試までに三周やりました。『単語王』を一冊覚えるだけで、早慶でも旧帝大でも大半の長文は読めるようになります。私も入試では、単語に関してはほとんど問題ありませんでした。
最後に、入試で勝つ秘訣をお教えします。それは「信じる」ことです。皆さんは自分で選んだ受験校、塾、問題集等々を信じていますか。私は自分で決めたこと、すべてを信じていました。自分の選んだ参考書は最高のものだと思っていたし、自分の受ける慶應義塾は最高の大学だと思っていたし、そこに自分が合格することも一瞬たりとも疑ったことはありませんでした。皆さんも『単語王』を信じてやってみて下さい。必ず良い結果になると思います。

加藤 紗衣子 さん
加藤 紗衣子 さん
(埼玉私立栄東高校卒)

早稲田大学・教育学部/立教大学・文、観光学部/明治大学・文学部/法政大学・文学部/成蹊大学・文学部/日本女子大学・文学部/東京女子大学・文理学部 合格

体験記を読む閉じる

▼どうしても覚えられない単語は辛抱強くその単語と接するようにするしかない。

私は現役の時は別の単語帳を使っていましたが、実際の入試本番ではその単語帳に載っていない単語が長文中に数多く出てきて、自分の単語力のなさを痛感したので、浪人が決まってから、もっと多くの単語が掲載されていて、入試にも実践的な単語帳を探していたところ、出会ったのが『単語王』でした。
私はまず、一つの単語に対して一つの意味を覚えるようにして一通り一周しました。そして二回目からは、意味がすぐに出てこない単語にはマーカーで線を引き、二周目が一通り終わってからマーカーのついている単語を集中的に覚えました。なかなか頭に入らない単語は紙に書いたり、CDで発音を聞いたり、勉強の合間など気がついた時に繰り返し見るようにしていました。誰でもどうしても覚えられない単語がいくつかあると思うので、そういう時は辛抱強くその単語と接するようにするしかないと思います。私も最後まで覚えられない単語はまとめてカードにしてポケットに入れ、電車や信号を待っている時などにすぐに見られるようにしていました。
三回目からは、フラッシュ・カードに切り換え、一つの単語の他の意味も覚えるようにして二~三周しました。覚えにくい意味にはマーカーで色をつけ目立つようにして繰り返し見るようにしていました。
それ以降は再びまた『単語王』に戻し、今度は多義語、同義語、派生語をまとめて覚えるようにしました。この作業が一番めんどうで大変で、なかなか覚えることのできない自分に苛立つこともありました。中でも、私は多義語のたくさんの意味を覚えるのが苦手だったので、カードの表にそれぞれの多義語が別の意味で使ってある例文を辞書で調べて書き、裏にはその意味を書きこみ、クイズ形式で暇な時に取り出して見るようにしていました。

▼長文の難易度が上がるほど、『単語王』を使っている人が有利になるでしょう。

ここまで来ると、過去問などを解いていても分からない単語がほぼなくなり、長文を読むスピードも上がってくると思います。長文の難易度が上がるほど派生語が頻繁に使われ、多義語もあまり知られてない意味で使われていたりするので、『単語王』を使っている人ほど有利になるでしょう。
入試直前期になったら、『単語王』に載っていない同義語や派生語があったら書き込んで覚えるようにしていました。そして、後は入試開始の直前までひたすら繰り返しました。ここまでやれば受験生全体の中でも語彙力の面では上位に位置している、という自信が生まれてきます。そのおかげで入試当日もあまり緊張せずに落ち着いて取り組めたし、分からない単語はほぼありませんでした。
英語力は語彙力と言われるほど、英語の学力向上において語彙力は最も重要であり、数が多いほど有利です。難解な語は周りの文脈から推測しろ、という意見もありますが、時間制限の厳しい入試本番の中、そこまで頭が働くとは限りません。そのためにも普段から貪欲に、どんな語でも覚えようとする習慣をつけることが、難関大学の英語攻略の鍵だと思います。

垣替 隆秀 君
垣替 隆秀 君
(山口県立徳山高校卒)

九州大学・経済学部/同志社大学・経済学部/立命館大学・経済学部 現役合格

体験記を読む閉じる

▼単語王は一冊で様々な入試に対応できる。

そろそろ単語を本格的に覚えなければと思い、書店で単語帳を探しているとき真っ先に目に飛び込んできたのが『単語王』でした。単語王は表紙にごちゃごちゃしたイラストがなく、とてもシンプルだったので、それが逆に目をひきました。単純にかっこいいという理由で買ってみたのですが、レベルごとに種類がいくつもあり、新しく買い替えなければならないような他の単語帳とは違い、単語王は一冊で様々な入試に対応できるほど厳選された多くの単語が載っていて、後になって考えてみると正しい選択だったと思っています。

▼単語を覚えてもすぐに忘れてしまい、同じ所を何度も何度も繰り返していました。

単語の覚え方に関しては、指示された通り1日1ユニットずつ進めていきました。最初のうちは、単語を覚えてもすぐに忘れてしまい、同じ所(特に最初の数十ページ)を何度も何度も完璧にしようと繰り返していました。でも、これは効率的とは言えません。例えば単語王に載っている全ての単語のうちの最初の200語を完璧に(全ての意味や派生語、同義語など)覚えたとします。しかし、実際に長文を読んでみても知らない単語ばかりです。確かに、単語王はレベルに関係なくランダムに単語が載っているので、覚えた単語はかなりの割合で長文に出てきますが、たとえ覚えた200語全てが長文に出たとしても、知らない単語の方が圧倒的に多いです。逆に、全ての意味とは言わないまでも、単語王に載っている全ての単語それぞれの意味を1つでも覚えていれば、前者と比べ単語に関してはかなり有利です。知らない単語が少ないというだけでも心理的に安心するし、事実、文脈からの推測も容易になります。

▼単語王で意味を覚える際に英英辞典を活用する。

今まで述べてきたのは本当に極端な例ですが、つまり単語を覚える初期の段階では、1つ1つの単語を完璧にすることよりも、できるだけ多くの単語に出会うことが大事だということです。ただし、これはあくまでも最初の頃だけであって、最終的には単語王の内容全てをマスターする必要があります。また、ここで注意すべきことは、単語それぞれが持つ意味全てを覚えることは重要だが、一字一句完璧に覚える必要はないということです。実際に長文を読んでみると分かるように、自分の覚えた意味をそのまま当てはめても上手く訳せないことが多いです。その場合、今まで培ってきた日本語運用能力を使って、元の意味から大きく逸れない程度でしっくりくる訳をしなければなりません。ところが、他の文化圏で書かれた文章を自国語に訳したとき、少なからず本来の意味と誤差が生じてしまいます。これを防ぐためには、電子辞書などに搭載されている“英英辞典”を使うのが効果的だと思います。英単語が持つ本質的な意味を英語で理解することによって、単語の意味の幅広さや微妙なニュアンスを感覚的に覚えられ、読解上の誤差も少なくできるし、より記憶に残りやすくもなると思います。単語王で意味を覚える際に比較的簡単な英語で説明がなされている英英辞典を活用すれば、きっと鬼に金棒です。是非、参考にしてみてください。

菊池 瑞 君
菊池 瑞 君
(東京都立立川高校卒)

早稲田大学・政治経済学部 合格

体験記を読む閉じる

▼入試本番で、いかに語いの量と暗記の正確さが重要であるかを痛感。

現役当時の私はと言えば、英単語の暗記の効率的な方法を見つけることができず、語いの量が圧倒的に少ないまま、入試本番を迎えました。結果はもちろん、第一志望であった早稲田大学に不合格。入試本番において、いかに語いの量と暗記の正確さが重要であるかを、私は痛感しました。浪人を決意した春、基礎からしっかりと勉強しようと考えていた私は、優れた単語帳を探していました。そこで出会ったのが、『単語王2202』でした。『単語王』の優れた点は、まず掲載されている語いの豊富さです。センター試験から超難関大学まで、これ一冊でほとんどの受験英単語がカバーできます。さらに、多義語や類義語が数多く載っているので、早稲田はもちろん慶應や上智の問題など、あらゆる入試問題に対応できるようになりました。また、一日に覚えるべきノルマが設定されていることや、見やすいレイアウトによって学習意欲をさそうのも、『単語王』の魅力の一つだと思います。

▼「就寝前に暗記、起床後に復習」

効率的な単語の覚え方として私がオススメしたいのは、「就寝前に暗記、起床後に復習」という方法です。科学的に、就寝の数十分前に記憶したものは長期記憶されると言われており、さらに翌朝、前日覚えたことを再確認すると、記憶はより長期的なものになると言われています。それゆえに、私は毎日この方法で暗記に取り組みました。その結果、英語の単語や熟語はもちろんのこと、他の教科においても効率的に勉強することができるようになり、暗記に関しては絶対的な自信を持つことができるようになりました。また、受験生の中には単語の暗記に挫折してしまう人もいるかと思いますが、私の場合は逆で、『単語王』に掲載されている単語のみならず、見知らぬ単語をすべて覚えてやろうと、勉強に対して貪欲になれました。それもこれも、『単語王』によって、自分の勉強法が確立されたからだと思います。

▼『フラッシュ・カード』で、間違いなく暗記の効率は飛躍的に上昇する。

続いて、『単語王2202』フラッシュ・カードについて。『フラッシュ・カード』最大の特徴であり最も優れた点は、実践向きであるということだと思います。入試本番、長文を読んでいる上で、「この単語はどういう意味だったけ」と考えている余裕は当然ありません。ですが、もし普通の単語帳を使用していれば、普通の単語帳は掲載されている単語の順番が固定されているために、ついつい単語を曖昧なまま覚えてしまいがちになります。しかし、『フラッシュ・カード』ではカードをランダムに束ねることができるため、常に緊張感を持って暗記に取り組むことができ、本番でのド忘れを防ぐことができます。さらに『フラッシュ・カード』の優れた点は、その効率性にあると思います。普通の単語帳をペラペラめくっていると、すでに覚えた単語だけに目がいき、まだ覚えていない単語の暗記を避けてしまいがちになります。しかし、『フラッシュ・カード』は完全に覚えきった単語のカードを束から外すことができるので、曖昧に覚えている単語だけを徹底的に暗記することができます。そういったことから、『フラッシュ・カード』を使用すれば、間違いなく暗記の効率は飛躍的に上昇するでしょう。ぜひ皆さんも、『単語王』と『フラッシュ・カード』を上手く併用して、単語暗記を完全制覇して下さい。