O-method

1日33語。9週間半で2202語覚える。 大学受験単語王2202

『単語王2202』難関大合格体験記

五十嵐 達也 君
五十嵐 達也 君
(埼玉県立浦和西高校卒)

筑波大学・情報学群/上智大学・外国語学部/早稲田大学・国際教養、人間科学部/東京理科大学・経営学部 現役合格

体験記を読む閉じる

▼フラッシュカードとCDが学習効果をさらに高めてくれた。

高1の時「これは覚えやすそうだ」と思って、某有名単語集を買った。その単語集は、「1単語1日本語訳」で覚える形式になっていて、完成するのにそれほど時間がかからなかった。しかし、日本語訳を1つ覚えているだけでは、その単語の本当の意味がわからないだけではなく、単語の意味を自分が知っている訳に無理矢理当てはめて、文章を誤読していくことになる。私も高1の模試でこのような失敗をくり返し、別の単語帳にかえようと思っていた時、圧倒的情報量を持つ『単語王2202』に出会った。
『単語王』で覚えると決めた時、私はフラッシュカードとCDも同時に買った。使い方もわからないまま宣伝につられて買ってしまったのだが、この2つが学習効果をさらに高めてくれた。
私は、中澤先生のおすすめする「3分に区切って1日10回」というようなやり方はせず、「空いた時間に『単語王』をながめる」方式でやった。1日に何語覚えるとか、何分勉強するとかいう目標は立てなかった。1回目から全ての意味、例文、派生語などに目を通した。当然1回で覚えきれるわけがないのだが、全ての情報を見ておくことで、かえって目標が明確になった。平均して1日30分、『単語王』を空いた時間に読み続ける作業を高2の1年間やり通した。その時点で、英語の偏差値は65を越えていた。

▼ネット上の確認テストは、無料なのでぜひ活用して欲しい。

高3になってからは、OSP教材での学習も始めた。『単語王』での学習も、「知識をつめこむ」段階から、「覚えた知識を確認する」段階になった。ここで役に立ったのが、フラッシュカード、CD、それからネット上やOSP教材の単語テストだった。フラッシュカードとCDは、単語集の語順をバラバラにして、もう一度覚えなおすのに活用した。これは本当に重要な作業である。単語集に出てくる順番で覚えても、バラバラに単独で出された時に正答できなければ、本番では役に立たないのである。
ネット上の確認テストは、無料なのでぜひ活用して欲しい。私はランダムテストでランキングにのることを目標にした。1回も上位になることはなかったけれど、「もっと頑張らなければ」と思えたことは良かった。

▼どの人の『単語王』も、ふせんでふくれていたり、ボロボロになっていた。

入試会場には、毎回『単語王』を持参した。私の『単語王』は、すでに表紙がちぎれそうなほどボロボロになっていた。ボロボロになった『単語王』は、実用的でもありお守りにもなる受験必須アイテムである、と私は思った。試験会場で『単語王』を開いている人を、計8回の試験で少なくとも30人は見かけたと思う。どの人の『単語王』も、ふせんでふくれていたり、ボロボロになっていた。

▼『単語王』は少しでも早くやり始め、覚えれば覚えただけ力になります。

最後にアドバイスです。『単語王』は少しでも早くやり始めてください。そして、決して他の単語集に「浮気」しないで下さい。それから、『単語王』に書いてあることを「全部」覚えきることは物理的に不可能ですが、無駄な情報、入試に必要ない情報は一切入っていません。覚えれば覚えただけ力になります。頑張って下さい。

河野 高士 君
河野 高士 君
(山梨県立甲府東高校卒)

早稲田大学・教育学部/明治大学・商学部/静岡大学・人文学部他 合格

体験記を読む閉じる

▼注意すべきなのは単語は休み時間などの細切れの時間を使って覚えることと、一気に覚えようとしないこと。

成績が急上昇した友人が使用していたので、私も上がるのではないかと思って始めたのがきっかけです。私はまずブック型を購入して、主な意味を一巡目に覚えてから二、三巡目にその他の意味を覚えました。ここで注意すべきなのは単語は休み時間などの細切れの時間を使って覚えることと、一気に覚えようとしないことだと思います。正直、私も一気に覚えようとして痛い目に遭いました。その時、覚えることが苦痛ではなく、効率的に覚えることのできる方法はないだろうかと模索して、出会ったのがフラッシュカードでした。
フラッシュカードの最大のメリットはどこにいても気軽にできるという点だと思います。実際、私は電車内や食事中、風呂の時にも使用していました。また、バラバラのカードになっているので曖昧な単語と確実に覚えた単語とに仕分けができ、効率的な勉強ができました。

▼受験生を精神的にも強くしてくれる単語帳は私の知る限り「単語王2202」以外にはない。

それからというもの、単語の定着率が格段に上昇し、模試で長文を読んでいても単語の意味が瞬間的にひらめき不明な単語は九割くらいなくなりました。その結果、模試の成績も安定し、本番でも単語力では誰にも負けないと思えるくらいの自信があったので本番では精神的にも安定して受験できました。受験生を精神的にも強くしてくれる単語帳は私の知る限り「単語王2202」以外にはないと思います。
忠告なのですが、単語王は決して楽なものではありません。しかし、努力すればするほど実力は揺るぎないものになると思います。面倒臭がり屋の私は単語の多さに圧倒されましたが、早稲田に合格したかったので歯を食い縛って頑張りました。こんな私にできたのですから、みなさんも絶対にできるはずです。

▼合格への最短距離は単語王をやること。志望校合格ということを念頭においてがむしゃらにやれば、案外楽に単語を覚えられる。

合格への最短距離は単語王をやることだと思います。ただ単にこなすのではなく、志望校合格ということを念頭においてがむしゃらにやれば、案外楽に単語を覚えられるのではないかと思います。
単語帳は世の中に数多く出回っていますが、どの単語帳を使えばよいのかと悩んでいる人は是非とも書店で直接、単語王を手に取ってみて下さい。おそらくそのすばらしさに気づくはずです。

御園生 成一 君
御園生 成一 君
(東京私立実践学園高校卒)

慶應義塾大学・文学部/早稲田大学・文、教育、社会科学部/上智大学・法学部 合格

体験記を読む閉じる

▼1語1訳程度の情報量では、難関大には全く歯が立たない。

『単語王』は、受験英語の単語集においてベストな単語集であると言えます。私は当初、『単語王』ではなく、別の単語集を使用していました。その単語集は、1語1訳などといった形式のものだったので、暗記の負担はあまりなく、『単語王』に比べ情報量も少なく、サクサク暗記していくことができました。しかし、ここには大きな欠点があります。具体的には、難関大になればなる程言えることですが、1語1訳のような1つの単語に対してその程度の情報量のみでは、全く歯が立たないことです。おそらくこれは実際にこれを読んでいる皆さんが、過去問演習などで痛感していくことでしょう。逆に、1つの単語に関連する意外な意味やニュアンス・同義語・反義語などを1つ1つ着実にマスターしていけば、語彙力に関しては他の受験生には負けない程になるはずです。前述した多義語・同義語・反義語・微妙なニュアンスなどを詳細に説明している『単語王』は、正直他の単語集と比較にならない位の情報量です。それゆえ、正直一周で全てを暗記することは不可能かもしれません。しかし、何周も何周も繰り返していけば全て暗記することは絶対可能です。

▼他の『単語王』ユーザーにも負けないくらい『単語王』を使いこなした。

具体的な暗記方法としては、私はフラッシュ・カードを利用しました。やはり、カードですと暗記という感覚ではなく、気晴らし感覚でできますし、1日何枚終わらせるなどといったノルマを設定することで、自分なりの学習ペースをつくっていくこともできます。私はこのように、何回も何回も繰り返していくことで、EPも含め暗記し、他の『単語王』ユーザーにも負けないくらい、『単語王』を使いこなしたと自負できる程になりました。実際、本番の入試でも、まず語彙で困ることはなかったし、多視的に単語を捉える癖が『単語王』を通して身についていたため、英作文などでも非常に有効でした。本当に、私にとって『単語王』は英語の学習において良きパートナーでした。皆さんも、是非『単語王』をフル活用していきましょう。

中西 洋一郎 君
中西 洋一郎 君
(大阪私立上宮高校卒)

早稲田大学・政治経済、商、社会科、人間科学部/同志社大学・法、商学部/立命館大学・産業社会学部 合格

体験記を読む閉じる

▼押し入れにしまってあった『単語王』を取り出し、使い始めた。

私が、『単語王』と出会ったのは一浪の時でした。最初は、内容の細かさに嫌気がさしてあまり手につきませんでした。しかも以前に使っていた単語帳の方が簡単にまとめられていたので、それを使い続けていました。しかし、いざ早慶レベルの英文を読むとなると、単語の一つの意味だけでなく様々な意味を理解していないと、全く歯が立たない事がわかったのです。その事に気がついてから、私は押し入れにしまってあった『単語王』を取り出し、使い始めました。最初は、単語を全て紙に書いて覚えようと思いましたが、これでは効率が悪いなと思っていました。そんな時に、『単語王』の後の広告を見て、フラッシュ・カードというのがある事を知り、購入してみました。このカードは、最初から表面に単語、裏面に意味が書いてあるので、カードを作る手間が省けて非常に良かったです。私は、予備校へ行く途中の電車の中や、休み時間に『単語王』を見て覚え、それを眠る前にフラッシュ・カードでテストをする、という方法を毎日続けました。すると語い力が格段に上がりました。その結果、早稲田レベルの英文をもスラスラ読めるようになったのです。また、同じくオー・メソッド出版から出ている中澤先生のOSPを併用する事によって、よりいっそう英文を理解できるようになりました。それに加えて、『単語王』では同意語や派生語がまとめて掲載されているので、30個の単語をやる間にも100個以上の単語に目をふれる事になります。まさに一石二鳥どころか、一石三鳥、四鳥の価値が『単語王』にはあると思います。さらに、例えば名詞であれば、その名詞の動詞形や形容詞形も記載されているため、英作文に非常に役に立ちました。今年は早稲田大学の政治経済学部には、自由英作文が出題されたのですが、本番でも慌てずに『単語王』に記載されている派生語や同義語を思い出しながら書く事ができ、使える表現の幅がかなり広がりました。

▼この『単語王』をマスターする事で他者より優位に立てる事を保証します。

後輩の皆さんへのアドバイスとして、『単語王』は確かに内容は細かいし量も多いので、最初は敬遠がちになると思います。しかし、この一冊を根気強く使い続ければ、必ず絶対的に自信のある語い力がつきます。他の単語帳は一切必要ありません。私は一浪した時から使い始めましたが、やる気のある方は高校一年生から使い始めても良いと思います。なぜなら、ころころと単語帳を替えている人は、その度に新しい単語帳に合わせた方法で覚え直さなければなりません。これは、はっきり言って時間の無駄です。最初から『単語王』、フラッシュ・カード、CDの三つでいく方がはるかに効率的です。最後になりますが、大学入試、特に私立文系は絶対に英語が大事です。英語を得点源にする事で、他の受験生に何倍も差をつける事ができます。その英語ができるようになるには、まず語い力です。皆さんは、この『単語王』をマスターする事で他者より優位に立てる事を保証します。頑張って下さい。

守 綾香 さん
守 綾香 さん
(千葉私立千葉国際高校卒)

東京外国語大学・外国語学部(中国語)/早稲田大学・国際教養、商学部/立教大学・文学部/日本女子大学・文学部/東京女子大学・現代文化学部/学習院女子大学・国際交流学部他 合格

体験記を読む閉じる

▼初めのうちは、「めんどうだなぁ」と思ったりもしますが、慣れてくると意外と苦ではなくなります。

私は、単語帳を使って英単語を覚えるのは苦手だったため、初めに『単語王2202』フラッシュ・カードを使いました。使い方としては、まず1周目で、1日1Unit ずつ最初の方にのっている意味と重要事項を覚えます。そして次の日の朝に前日に覚えた単語の復習をし、もしその時に覚えていない単語があれば、その日のうちに覚えるようにします。初めのうちは、「めんどうだなぁ」と思ったりもしますが、慣れてくると意外と苦ではなくなります。2周目では、『単語王』を使い1周目で覚えた意味の復習をしながら派生語を覚えます。3周目では、今まで覚えたことの復習をしながら、特に多義語を中心に覚えます。多義語を覚えるのは大変ですが、入試においては、覚えている方が絶対に有利です。それに、1回では覚えられなくても2回、3回とくり返すうちに、だんだんと頭に入ってくるようになります。そして、ほとんど覚えられたら、もう一度全ての単語に目を通し、少しでも不安だなぁと思う単語があれば、そこに付箋を貼り、ちょっとした時間に確認するようにしました。

▼1つ1つ単語を覚えることによって「合格」に近づいている。

『単語王』には、「教養」単語や入試本番で脚注にのっているような単語も掲載されているので、どの大学を受ける受験生にとっても利用価値の高い単語帳だと思います。単語は、1回覚えても何日かたつと忘れてしまったりするので、覚えるのが嫌になってしまうこともあると思います。しかし、1つ1つ単語を覚えることによって「合格」に近づいていると思うので途中でくじけずに頑張って下さい。

江田 浩昭 君
江田 浩昭 君
(福岡県立東筑高校卒)

早稲田大学・商学部/明治大学・政治経済学部/同志社大学・法学部/学習院大学・法学部 合格

体験記を読む閉じる

▼『単語王2202』とフラッシュ・カードを始めた理由

今までは様々な単語帳を使ってきましたが、どれも少し足りない気がしましたし、覚えたと思っていても、いざ文章中で出会うと思い出せないことも多かったため、量・質共に申し分なく、覚えたつもりを防ごうと思い、『単語王』とフラッシュ・カードを使い始めました。
単語帳をやる前にフラッシュ・カードで一単語につき一訳を覚え、それが全てできるようになったら、『単語王』の方で少しずつ訳を増やしました。そして、もう一度カードで確認し、次に同意語・反意語を潰していき完成させるようにしました。ただ、この作業を入試直前まで繰り返し続けました。
なるべく少しずつではなく、一気に500くらいやって、次の日にもう一度復習という形を取っていきました。

▼『単語王2202』の学習ペース

それほど順調だったような気はしませんが、1ヵ月に1度は必ず一周するようにして、抜けを防ごうとはしました。そうしているうちに、ほとんどの文章で知らない単語がなくなりました。また、見たことのない単語であっても、前後から考えることができるようになり、文章全体の方向性がズレていくことが非常に減少しました。

▼模試や入試本番での効果

読みズレをすることが減ったために、安定して点数を稼ぐことができるようになりました。そのため、過去問演習をしっかりと行うことができ、本番でも自信を持って臨めました。また、単語力がついたことで読むスピードが格段に上がり、時間内に終わらないということはほとんどなくなりました。

▼後輩の皆さんへのアドバイス

小さなことからしっかりと積み重ねていくべきです。単語は『単語王』一つで十分すぎるくらいです。この一冊をボロボロになるまでやり込んだら、必ず新しい道が見えてくるはずです。