O-method

1日33語。9週間半で2202語覚える。 大学受験単語王2202

『単語王2202』難関大合格体験記

阿久津 祥太 君
阿久津 祥太 君
(茨城県立水戸第一高校卒)

早稲田大学・教育、社会科学部/明治大学・政治経済学部/立教大学・経営、社会、法学部 合格

体験記を読む閉じる

▼“覚える”というより“眺める”という感じでフラッシュカードを使って覚えていった。

私が通っていた予備校では『単語王2202』が指定教材でした。私はもともと単語を単語帳で覚えるのが大嫌いだったので、フラッシュカードも使いました。
具体的にどのように『単語王』を覚えていったのかと言いますと、私の場合、“覚える”というより “眺める”という感じでフラッシュカードを使いました。『単語王』の「はじめに」の部分で中澤先生がおっしゃっていたかと思いますが、1つ1つの単語の色というかにおいのようなものを掴もうとしました。「へぇ~この単語、こんな意味もあるんだ」「あ、この単語はあの単語とほとんど同義だ」「(例文を見ながら)なるほど。こんな感じにも使える単語なのか」という具合にです。こんなやり方をしていると、なんだかまじめに勉強できていないように思えるかもしれませんが、繰り返していくうちに1つ1つの単語に何となく感じ取っていた色やにおいがイメージとして定着してくるように私には思えました。
このイメージの数が多くなっていくと同時に、長文中でわからない単語がグッと減り、格段に読みやすくなったのを覚えています。1つ1つの細かな意味や語法はこのようなイメージができてきてからでも覚えられます。むしろ、イメージができてからの方がすんなり覚えられるように思います。

▼多義語を覚えるコツとしては、長文中で出てきたらその都度意味を確認することをオススメします。

このように書いてくると、私が『単語王』をすんなり制覇できたかのように思えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。私が最も苦労したのが多義語でした。例えば、capital という単語。「首都、資本、大文字(の)…」など、1つ1つの意味に関連がありません。こういった語は、色とかにおいを感じ取ろうとするのは難しいかと思います。気合いで覚えるしかありません。私は多義語だけを集めたフラッシュカードの束を作って覚えたりもしました。また、多義語を覚えるコツとしては、長文中で出てきたらその都度意味を確認することをオススメします。文脈の中で出てきた意味はやけに頭に残ります。この経験が蓄積されていけば、多義語もきちんとマスターすることができると思います。

▼模試、過去問、入試本番においても、“『単語王』やってて良かった”と思えたことが幾度もありました。

私は『単語王2202』を使ったことで英語の総合力がアップした気がします。単語を覚えていけば長文が読みやすくなるのは当然ですが、私の場合、文法問題、英作文、リスニングにおいても『単語王2202』を使った効果が実感できました。それは、『単語王』が単に意味だけを載せているのではなく、語法、イディオム、ニュアンスまで入試に必要な事項を網羅しているからでしょう。河合塾の記述模試、過去問、入試本番においても、“『単語王』やってて良かった”と思えたことが幾度もありました。
先述の通り、私が通っていた予備校では『単語王2202』が指定教材であり、毎週テストがありました。きちんと毎週テストをこなしている人もいれば、前期の早い時期に諦めてしまい、他の単語帳に切り替える人も見受けられました。全ての場合に当てはまる訳ではありませんが、毎週きちんとこなしていた人は難関校に合格できているし、諦めてしまった人はやはり結果もそれなりのものになってしまったようです。
『単語王2202』でなければ難関校合格は無理だなどとは毛頭思いませんが、『単語王2202』をしっかりと使うことができれば合格は確実に近づくと思います。『単語王2202』を手にした後輩の皆さんは、是非自分なりの学習法を早めに習得して、志望校合格に向かって日々努力を重ねていってください。

宮間 浩史 君
宮間 浩史 君
(千葉市立千葉高校卒)

国際基督教大学(ICU)・教養学部/上智大学・法学部/立教大学・経営学部/立命館大学・国際関係学部/明治大学・国際日本学部 合格

体験記を読む閉じる

▼難しい単語なんて分からなくても推測すれば良いと思っていたが、実際の入試では全く歯が立ちませんでした。

僕が『単語王』を使おうと思った理由は、現役の時の上智の入試で単語がけっこう分からず結局不合格になったからです。現役のころは自分も難しい単語なんて分からなくても推測すれば良いと思っていました。しかし、実際の入試では全く歯が立ちませんでした。そこで見つけたのが『単語王』でした。まず僕は冊子の『単語王』、フラッシュカードの『単語王』、そして『単語王』のCDを購入しました。まわりの人は高いじゃんと言って買いそろえる人はあまりいませんでしたが、僕は予備校に行ってなかったし、またこれで大学に合格できるなら安いものだと思い全て買いました。

▼前日の夜にCDで3ユニット聞き、次の日の朝に冊子で同義語などをしっかり覚えた。

使用方法ですが、僕は前日の夜にCDで3ユニット聞き、次の日の朝に冊子のやつで同義語などをしっかり覚えるというやり方でやっていました。このペースで4月からやると何回も出来るので結構覚えられると思います。CDを聞くことにより、リスニング対策にもなります。単語が聞き取れなければ、文章はなおさら聞き取れませんからね。あとフラッシュカードの方はシャッフルしてテスト方式で使っていました。アウトプットができてこれも効果的でした。

▼全くできなかった問題が読めるようになっていたのです。あの時の感動、そして喜びは今でも忘れられません。

僕が『単語王』の効果を実感したのは、去年落ちた上智の赤本を解いた時でした。全くできなかった問題が読めるようになっていたのです。あの時の感動、そして喜びは今でも忘れられません。そのころから英語の勉強が楽しくなり、『単語王』だけではなく長文にでてくる単語も単語カードを作って覚えまくりました。正直、単語は覚えた人勝ちだと思います。どの単語が出てどの単語が出ないなんて誰も分からないのですから。

▼英語では語彙力が重要になってくるので、合格へのステップとして『単語王2202』を使うことをオススメします。

このようにして覚えまくっていたので僕は入試本番でもあせることなく試験に取り組めましたし、僕が知らない単語はみんなも知らないだろうと思って自信をもって受験できました。よく、「単語王は単語が多すぎる」とか「単語が多すぎて挫折するのが目に見えている」とかのうわさを聞きますが、決してそんなことは無いと思います。というかむしろ、僕は足りないくらいだと思います。しかし、他の単語帳に比べればかなりの数が入っていてアメリカのことなども学べて楽しいです。英語では語彙力が重要になってくると思うので、合格へのステップとして『単語王2202』を使うことをオススメします。がんばってください。

笹野 芳之 君
笹野 芳之 君
(茨城私立江戸川学園取手高校卒)

早稲田大学・教育学部/上智大学・総合人間学部/明治大学・文学部/中央大学・文学部 合格

体験記を読む閉じる

▼マーチの大学ですら全敗という私は、単語からしっかりとやっていくことを決意しました。

「わからない単語なんて文の前後から推測できる」「英語はテクニック。だいたいの内容がわかれば大丈夫」「単語を一つ覚えるよりもたくさんの英文を読む方が大切」これらは全て現役の時の私が考えていたことです。高校の定期テストで赤点をとるような自分は当時、このような気持ちで英語をやっていました。当然ですが、その結果は惨敗。マーチの大学ですら全敗という散々なものでした。「なんだかんだ勉強しているし、自分は大丈夫だろう」という甘い気持ちが全ての失敗の原因であることはわかっていました。なのでまず私は単語からしっかりとやっていくことを決意しました。そこで合格した友人が使っていた「単語王」を本屋で見つけ、やり始めたことが単語王との出会いです。
それまで英語を学習する習慣がなかった私は、とにかく単語王の見出し語と意味をチェックして一周目を始めました。その時に絶対に一日に一ユニットというペースを崩さないよう強く意識してやりました。初めは苦しかったのですが十日、二十日とやっていくと一日の中で単語王タイムが確立し、自然に出来るようになりました。そして二周目に入り細かい知識を入れていくようにしました。その時にはもう習慣化されていたので、覚えることを強く意識してやっていきました。その後、一日のユニット数を増やしたりしながらエンドレスで繰り返し何度も単語王をやっていきました。

▼単語王を覚える時のコツは、「一つでも覚えたら得」の精神。

単語王を覚える時のコツは、「一つでも覚えたら得」の精神だと思います。私は一気に全てを覚えることが出来るタイプではないし何度もやっているのに覚えられないなどといちいち悩む時間もなかったのでその単語、文に出会う度にそこからとにかく何かを吸収することを意識しました。忘れていくことを意識するのでなく、そこに気付いてチェック出来たことをよかったと思うことが大切だと思います。
今、思い返すと秋ごろまで英語は単語王しかやっていませんでした。それくらい単語は大切だと信じていたので不安にはならなかったし、夏のテストでそれまで50をきっていた偏差値が60台になったので、単語王は間違っていないと思い、さらに続けられました。

▼苦手意識は、単に単語を覚える努力をしていないことからくるものでした。

現役の時の英語が苦手という意識は私の場合、単に単語を覚える努力をしていないことからくるものでした。どんなに良い参考書でも読んでいるだけで単語力が伸びるものはありません。一年前の自分と同じように参考書で英文ばかりをやりテクニックを磨くことだけが英語の勉強だと勘違いしている人は多いような気がします。しかし最高レベルのライバル達と合格点への一点分の争いでは単語を一つ覚えているか否かという小さな努力の積み重ねが問われていることを強く感じました。後輩達には昨日よりも今日がベターになることを心掛けて日々頑張って欲しいと思います。

栗田 一平 君
栗田 一平 君
(静岡県立沼津東高校卒)

京都大学・農学部/早稲田大学・人間科学部 合格

体験記を読む閉じる

▼東大理三に受かった友人が『単語王2202』をすすめてくれました。

仮面浪人をすることを決めたあとすぐに、『単語王2202』を買いに行きました。現役時は、必要最低限の単語だけを効率よく覚えて受験英語を乗り切るという主旨の単語帳を使用していましたが、京大の英文には難しい単語が多く含まれており、とても太刀打ちできませんでした。そこで、友達に使って良かった単語帳について聞いてみると、東大理三に受かった友人が『単語王2202』をすすめてくれました。
実際に書店へ行き、単語王を手に取ってみてまず感じたことは、2202という単語数の多さと、その訳語の豊富さでした。現役の時の反省として、京大の要求する和訳は翻訳に近いもので、自分はぎこちない訳文しか書けずなかなか点数につながりませんでした。単語王の訳語の豊富さを見て、この単語帳ならきっと京大合格に近づけると思い、完璧に覚えようと決意しました。次に感じたのは、レイアウトの見やすさと、中澤先生の力強いコメントです。2202という単語数の多さにもめげずに覚えきることができたところに、他の単語帳にはない単語王独自の良さがあったのだと思います。

▼覚えられていく単語の量を見に見える形で確認できるようにすることで、自信をつけていきました。

最初のうちは、単語王の本の方で覚えようとしていましたが、知っている単語があまりにも少なかったので、覚えるのがなかなか大変でした。そこで、まず単語を見る頻度を増やさなければならないと考え、大学へ通うまでの徒歩の時間も利用しました。そんな時に役立ったのが、『単語王2202フラッシュ・カード』です。このカードは持ち運びが容易にでき、いつでもどこでも単語王の勉強ができました。効率的に覚えるために、完全に覚えられたもの・覚えたが少しあやしいもの・覚えられていないものの三段階で色分けをして、覚えられていく単語の量を目に見える形で確認できるようにすることで、自信をつけていきました。

▼『単語王2202』をマスターすればどんな英文にも立ち向かうことができる。

単語王を始め、単語力がつき始めたと実感した頃、次に気になったのは英文読解についてです。前述の通り、京大の英語はかなり独特で英文和訳と和文英訳のみという形式で、現役時は和訳と英作文の練習しかしていませんでした。文法や長文の総合問題を解く練習を怠っていたために、ある程度は得点できたものの、得点源となるには至りませんでした。
そこで、目にとまったのがOSPの教材でした。OSPの教材では、徹底的な予習が要求され、中澤先生の講義はリアルタイムの講義よりも緊張感の漂うものでした。英文も非常に精選されたもので、講義に沿って進めていくうちに、英文の正しい読み方、メモマーキングの方法などを学習することができました。一見、京大英語とは関係のないような総合問題に触れていくうちに、いつしか京大の和訳がスラスラ書けるようになっていました。本番では、メモマーキングを使うことで、英文を何回も読み返すことがなく、和訳を翻訳に近づけることに徹することができました。おそらく、京大に受かったのは英語のおかげです。
『単語王2202』は、難単語を含め、受験に必要充分な量の単語を収録しているため、この単語帳をマスターすればどんな英文にも立ち向かうことができると思います。ぜひ、『単語王2202』をやり合格をつかみ取って下さい!!

保田 壮一 君
保田 壮一 君
(東京私立桜美林高校卒)

慶應義塾大学・経済、商、総合政策学部/青山学院大学・経営学部 合格

体験記を読む閉じる

▼単語を覚えるための二つのポイント。

単語王をデザインで選んだ僕の、単語の覚え方を紹介します。
<一巡目>
1. まず一日のノルマを決めます(僕は一日1unitとしていました)。
2. 一巡目はそれぞれの単語を品詞別(形容詞、副詞など)に一個ずつ覚える。Ex:pleaseは他動詞・自動詞・副詞があるので、それぞれの品詞の一番初めの語だけ覚える。pleaseなら3つ。
3. 1unit終わったら、直後に復習する。
4. 次の日は昨日やったものと合わせて2unit分やる。
5. 一週間経ったらもう一度一週間分ざっと見る。
ポイントは二つあります。
一つは毎日ノルマを必ず守ることです。今日はこれだけやると決めたことをこなせないようでは合格に近づくことはできません。どの教科でもやると決めたらやって下さい。
そしてもう一つのポイントは、直後に復習ということです。一日のノルマをやり終えるともうその場で終わらせてしまう人が多いですが、そこを我慢してもう一度繰り返すと頭にすごく残ります。確かにやった直後にまた復習するのは面倒だなと思う気持ちはわかりますが、実はこの直後に復習は意外とすんなり終わります。もう一回頭に入っているので、単語の意味がぽんぽん出てきます。やった人にしかわからない感覚だと思います。この直後に復習は、単語の暗記だけでなく、すべての教科に応用すると、ものすごい効果が出ます。苦しいかもしれませんが、ぜひ試してみてください。
<二巡目>
1. 意味は全部覚える(一巡目より楽です。余裕のある人は派生語を見る程度にとどめる)。
2. 覚えた直後に復習。
3. 翌日は2unit分。
4. 一週間単位で総復習。
直後に復習のプロセスは変わりません。必ず実行してください。
三巡目は意味確認+派生語・同義語を覚え、四巡目はEPやニュアンスまで目を通してください。以降は今までの確認を続ける。人にもよりますが、最低でも五巡は必要だと思います。

▼覚えられないことに悩んでいる時間を勉強の時間に充てる努力をした。

僕は正直に言って、順調に覚えることができませんでした。最後までちゃんと覚えられなかった多義語とか同義語もあったし、そのことでイライラした時期もありました。でもそこはもう割り切っていくしかないと気づき、悩んでいる時間を勉強の時間に充てる努力をしました。結果、大学には合格しました。単語王だけでなく、そういったうろ覚えがどれほど危険かというのは言うまでもありません。しかし、できない自分をああだ、こうだと言っている暇があったら一個でもその不安を消す努力をしろ、とよく言われる言葉ですが、本当にその通りだと思います。
ボキャブラリーは増やせば増やすほどその違いがはっきりわかるようになります。それは言葉では言い表せない、何か「読める」という感覚です。やった人にしかわからないその感覚は、最終的に本番で自信に変わります。そして、その自信が合格通知となって手元に届く訳です。だから、ボキャブラリーを増やすというのは、ある種の先行投資です。その先行投資はとても価値があるものだと、僕は身をもって実感しました。

篠田 恭祐 君
篠田 恭祐 君
(埼玉県立熊谷高校卒)

早稲田大学・教育学部/明治大学・法学部/成城大学・法学部 合格

体験記を読む閉じる

▼現役時代に単語王を使っていた友人や先輩がことごとく難関大に合格していたから、浪人が決まってからソッコーでGET!

僕が単語王を選んだ理由は、現役時代に単語王を使っていた友人や先輩がことごとく難関大に合格していたからです。浪人が決まってからソッコーでGETしました!
まず、一周目は、一気に全ての単語に目を通しました。そこで、意味が言えた部分に関して蛍光ペンでチェックを入れていきました。この作業は全ての勉強の初めに、五日間くらいでやりました。次に、二周目は、一日一ユニットごとにチェックのついていない単語を中心に覚えていきます。ここは、じっくり丁寧に、確実に進めていきます。次の日の最初に前の日の分の復習を入れるとよいです。そして、二周目が終わり、三周目は一周目と同じように意味の言えた部分にチェックを入れながら、同時に一つも意味の言えなかった単語や、全く異なった意味をもつ多義語をカード化していきます。この段階で僕の場合、2202個中、約900個くらいのカードができました。次はこのカードをガンガンつぶしていきます。自分のわからない単語ばかりなので、覚えるのに普通の倍くらいの時間がかかります。ですが、ここで絶対にめげないで下さい。僕の単語攻略作戦では、この約900個のカードをつぶすことが一番重要な作業でした。電車や予備校、学校の休み時間など、いつもポケットに入れておいて何度も見返して下さい。そして全てつぶし終わったらもう一度最初から単語王にチェックを入れていきます。ここでおそらく全ての単語にチェックが入るはずです。ここまでの作業を夏休みの終わりまでに終えておけば、絶対に過去問がスラスラ読めるようになります。それからは単語王は、派生語や、発音、アクセントなどを中心に、一日一ユニットで受験当日まで使い続けて下さい。過去問をやってわからない単語を調べるのに役立ててみるのもいいでしょう。逆に単語王に載っていない単語は、前後の文脈から推測するんだな、といったように考えるとよいでしょう。単語王は受験英語に必要な単語の量、質のボーダーが示してあります。単語の実績は信じるに値するものです。

▼早稲田に合格した今、単語王を選んで本当によかったと、心の底から思えます。他の単語集を選んでいたら…と思うとゾッとします。

このようにして単語を覚えた結果、模試や本番の入試でもわからない単語はほとんどなかったか、あっても文脈には影響しない程度でした。
早稲田に合格した今、単語王を選んで本当によかったと、心の底から思えます。他の単語集を選んでいたら…と思うとゾッとします。これから難関大を目指すみなさんも単語王を使って、是非第一志望合格という夢を勝ち取って下さい。単語王サイコー!